いじめの要望書 テンプレートをそのまま使っては行けない理由

今回は「ひまわり行政書士事務所」に
お越し頂き、ありがとうございます。

今回の記事の内容は
「要望書」をキーワードに、

要望書を作る時にテンプレートを
そのまま使ってはいけない理由

についてまとめて行きたいと思います。

 

いじめの要望書を作成する時に
ネットで検索すると、

「要望書のテンプレート」
がよく見かけられます。

自分で作成する時に、
予め作ってある書式があれば

直ぐに完成するから
使っている方が多いと思います。

しかし、このテンプレートを
そのまま使っては行けない理由
あるのを知っていましたか??

簡単に作成する事ができて
便利な反面、

「この理由」を知らずに使ってしまうと
逆に問題が複雑になってしまう
リスクがあります。

 

今回の記事で
「要望書のテンプレート」について
詳しくまとめていますので、

最後まで見て頂ければ嬉しいです。

 

※当事務所では「個別相談」を行っていますので、お気軽にご相談下さい!

pickup

ご依頼の前に1度、ご確認下さい この度は「いじめ対応」の オンライン相談ページへお越し頂き 本当にありがとうございます。 依頼される前に、 1度ご確認して頂きたい内容が「3つ」 ございます。 『依頼の流れ・[…]

 

いじめの要望書 テンプレートをそのまま使ってはいけない理由

冒頭で説明したように、
「いじめ対策の要望書」を作る上で、

テンプレートを
そのまま使ってはいけないと
説明してきました。

その最大の理由は

「今回起きているいじめの内容」と
「テンプレートの内容」が違う事
が挙げられます。

テンプレートに
まとめてある理由のなかで、

必ず注意しなければならない事は
「相手側の生徒への責任追及」
についてです。

 

私も実際に子供が被害に遭って
学校に責任を追及する事や

実態を明らかにして欲しい事などを
学校と一緒に対応してきましたが、

1番苦労したのが
「いじめの詳細な情報」を
明らかにすることです。

さらに、「目に見えないいじめ」が
メインのいじめでは

事実を解明するのに時間が掛かり、
時間が掛かればいじめの調査をしても
記憶が薄れてしまうので、

事実がより一層、
分からなくなってしまいます。

いじめの対応は「時間勝負」なので、
1つ1つの対応を慎重にしていかないと

「不登校」や「引きこもり」など
社会との繋がりが
ドンドン薄れてしまいます。

もし、いじめの要望書を
作ると考えているのであれば

「テンプレート」を
そのまま使う事だけは避けて下さい。

もし、要望書のテンプレートを使って対応するとどうなるのか

もし、そのまま
「要望書のテンプレート」を使って

学校との対応を進めていくと
どうなるのか??

多くのテンプレートに
共通する事は

「相手側への責任追及」
「学校への責任追及」

この2つがメインに
なっている事が多いです。

例えば

  • 相手側児童生徒への出席停止
  • 学校の先生への懲戒処分
  • 学校への責任追及

これらの内容が共通して
見られるケースが多いです。

 

実際我が子がいじめを受けると
「なぜ起きたのか」を
冷静に判断する事はできなくなります。

学校で何が起きたのか、
誰が関わっているのか

そもそも子供が学校に通えるのか、
通う為にはどうすれば良いのかなど

「いじめのケース」によって対応を
変えて行かなければなりません。

場合によっては
本当に学校が把握できていない場合も
ありますので、

1番先に対応すべきは責任ではなく
「子供が学校に行ける様にする事」
になるハズです。

 

もし、テンプレートのまま
学校に要望書を提出してしまえば、

先ほどまとめた様に
「状況」が不明なまま

対応を進めなければならないので
時間が掛かってしまいます。

今必要なサポートは何なのかを
明確にしていかなければ
対応のしようが無いし、

「モンスターペアレント」と
言われるリスクも出てしまいます。

 

コチラの記事で「要望書を使った対応の実例」をまとめています!

関連記事

本日は「ひまわり行政書士事務所」に お越し頂き、ありがとうございます。 今回は、 「いじめ対策の要望書」をテーマに 「要望書の実例とポイント」 についてまとめて行きたいと思います。   そもそも「[…]

 

早期解決に向けての要望書作成の秘訣について

この段落では、できるだけ早く
学生生活期間内で解決できる様な

「要望書」の書き方について
まとめて行きます。

この記事で何回かまとめている様に、
いじめの対応に1番必要な事は

子どもが学校に通える様にする事です。

 

相手側への責任追及や
学校への責任追及なども

「いじめ対応」は必要ですが、
重要なのは「順番」です。

先に解決しなければならないのは
「子供の学習する権利」が
奪われている事への対応なので、

まずは不登校などになっている場合の
対応を先決にしなければなりません。

 

例えば、

  • いじめが起きてからどれ位経っているのか
  • 今現在の子供の様子はどうか
  • 今現在、学校で把握している事実は何処までなのか
  • 既に知っている情報を共有したい事
  • 学校に行けなくなっている期間の代替方法について

以上の様に「相手側の」責任よりも、

先に解決・サポートすべき事が
あるはずです。

1度学校と対応をする時には、
上記のポイントを
参考にして頂ければ幸いです。

 

※コチラの記事で「要望書の書き方」について詳しくまとめています!

pickup

今回は「ひまわり行政書士事務所」に お越し頂き、ありがとうございます。 今回の記事の内容は 「学校が対応しない」をキーワードに 「学校に提出する要望書の書き方」 について詳しくまとめた内容です。 要望書の書き方を[…]

 

まとめ

今回の記事の内容は
「要望書」をキーワードに、

要望書を作る時に

「テンプレート」をそのまま
使ってはいけない理由

についてまとめてきました。

今現在ネットで公開されている
「要望書のテンプレート」を

そのまま使ってしまうと、
責任問題に注力してしまうので

「我が子のサポート」がそのまま
放置されてしまう危険性があります。

  • いじめが起きてからどれ位経っているのか
  • 今現在の子供の様子はどうか
  • 今現在、学校で把握している事実は何処までなのか
  • 既に知っている情報を共有したい事
  • 学校に行けなくなっている期間の代替方法について

子供が学校に復帰できる様に、
何が必要なのか

先に対応していくべきだと
まとめてきました。

 

実際にいじめが起きてしまうと
冷静に対処する事ができなくなります。

なぜそんな事が起きてしまったのか
学校はなぜ対応しないのかなど、

疑問に思ったり
怒りを感じてしまう事があるでしょう。

 

でも、今1番先に何を
しなければならないのかだけは
見失ってはいけません。

子供の1番の味方は
親である私たちなので、

話し合いで冷静になれなければ
ドンドン時間が過ぎてしまいます。

少しでも短い時間で解決できる様に
「要望書の書き方」を考えてみて下さい。

 

最後まで読んで頂き、
本当にありがとうございました。

ZOOM相談申し込みフォーム

実際に「我が子のいじめ」を対応し、
年間300件以上の相談を受けながら

最初の30分は無料で
個別のオンライン相談を
実施しています。
(30分後は有料となります)

子供のいじめを1日でも
早く解決できる様に

あなたのお手伝いを
させて頂ければ幸いです。

>我が子のいじめ 個別のZOOM相談 受付中

我が子のいじめ 個別のZOOM相談 受付中

子どものいじめは「秘匿性」と「被害の度合い」が非常に高く、独りで抱え込んでしまうケースが多いです。この「ひまわり行政書士事務所」では個別のZOOM相談を受け付け、早急に学校に対応してもらう為に1人1人のお話を元にアドバイスをしています。少しでもあなたのお役に立てる様に「実体験」を元に相談を受け付けています。

CTR IMG