いじめのアンケート調査 絶対やっちゃいけない事3選

今回は「ひまわり行政書士事務所」に
お越し頂き、

本当にありがとうございます。

今回の記事は
「アンケート調査」をテーマに、

絶対にやってはいけない
アンケート調査の内容

についてまとめています。

 

我が子がいじめに
遭ってしまった場合の対応として
「アンケート調査」がありますが、

実際に学校に依頼しても
「知りたい内容」が知れずに
終わってしまう事が多いと思います。

中には情報の公開自体
してくれない学校や、

公開したとしてもほとんどが黒塗りで
公開されてしまう事も少なくありません。

 

今回の記事では
「いじめのアンケート調査」について、

実際に私たち家族が
いじめのアンケート調査で
依頼した内容を元に

「絶対にやってはいけない事」を3つ

まとめてみましたので、アンケート調査の
参考にして頂ければ幸いです。

※当事務所では「無料相談」を行っていますので、お気軽にご相談下さい!

pickup

無料相談フォームはコチラ! この度は「ひまわり行政書士事務所」の 「いじめ無料相談ページ」へお越し頂き、 本当にありがとうございます。 当事務所の「無料相談ページ」は、 実際に「我が子のいじめ」を受けて 対応して[…]

いじめのアンケート調査 絶対やっちゃいけない事3選

この段落では、
「いじめのアンケート調査」で

絶対にやってはいけない事を3つ
まとめています。

 

私も実際に学校へ調査を依頼した時に
「アンケート調査」を行っているのですが、

あなたが知っている通り
学校はいじめの事実を
公開したくはありません。

アンケート調査自体
乗り気ではない事もあるし、

手間が掛かる事もあるので
学校ではアンケート調査を
好まない傾向にあるようです。
(体裁を整える為だけに)

 

実際に当事務所に
相談に来る内容についても、

アンケート調査の実体を
教えてくれない学校があったり

対応自体されなかったりと、
学校の対応に不満を持っている方が
大勢いらっしゃいます。

そこで相談に来て頂いた方の調査内容を
(この場合にはアンケート調査項目)
調べてみると、

公開しない事に

「ある共通する3つのポイント」

がありました。

 

それは、

  1. 学校にアンケートの内容を任せている(デフォルトのまま)
  2. アンケート調査を行って、直ぐに対応している(呼び出したり)
  3. 記名式にしてアンケート調査をしている事

以上のポイントが、
学校が情報を公開しない場合など

不満を感じるケースに
共通している事が分かりました。

 

本来「いじめ防止対策推進法」によって、
保護者側に情報を共有するとされてるのに

なぜされていないのか??

なぜ対応に不満を感じるのか??

次の段落でその理由について
まとめて行きたいと思います。

絶対にやってはいけない3つのポイント その理由について

いじめのアンケート調査をする上で、

  1. 学校にアンケートの内容を任せきりにしている事
  2. アンケート調査を行って、直ぐに対応する事
  3. 記名式にしてアンケート調査をしている事

上記3つのポイントは
絶対にやってはいけないと
説明してきましたが、

なぜやってはいけないのか??

その理由について
具体的に下記にまとめてみました。

学校にアンケート内容を任せきりにしている事

多くの学校の事例や教育委員会で
公表されている内容を調べてみると、

「私はいじめられた事がある」
「いじめた事がある」

と言う内容が共通していて、

直接「いじめの内容」を問うものが
ほとんどです。

ほとんどの学校で
「いじめが起きているのか」

「誰がやったのか」の解明に
力を入れてるケースであるとも言えます。

 

たしかに、学校も全てのいじめを
把握する事は難しいので

アンケートで直接生徒の声を聞く事も
効果的と言えるかも知れませんが、

そんなに「子供のいじめ」は
単純ではありません。

一室に20~30人、ちょっと隣を見れば
「書いている内容」が見えてしまう教室で

素直に内容を書けば
「誰が」「何を」書いたのかは
直ぐに広まってしまいます。

正直に書いた生徒が
被害に遭ってしまうリスクが高いので、

アンケートの内容は
慎重に考えるべきです。

アンケート調査を行って、直ぐに対させている事

これも実際に良くある
学校の対応になります。

いじめが起きてから
直ぐに対応してくれるのは
非常にありがたいのですが、

タイミングを間違ってしまうと
取り返しの付かない事態が
起きてしまいます。

 

実際に起きてしまっている事例として

  • アンケート調査をした日の内に、生徒を呼び出して指導する事
  • 書いた生徒の名前を出してしまう
  • アンケートの内容を全て該当生徒に話してしまう

この3つの学校の対応が
アンケート調査を

より困難なものにしていると
過去のデータを調べて判明しました。

 

対応を直ぐに行ってくれるのは
ありがたいのですが、

「調査したその日」に
該当生徒を呼び出してしまえば

アンケートで誰かが書いたから
呼び出されたと考えてしまいます。

書いた生徒の名前を
出してしまえば、

その後どうなってしまうのかは
言わなくても分かりますよね。

 

また、アンケートの内容を
話してしまえば、

同じ様に誰が何を書いたのか
推察できてしまいます。

いじめが起きている場合
「参加している子」「していない子」
に分れるケースが多いので、

アンケートの内容を知ることが出来れば
いじめっ子はある程度誰が何を書いたのか
推察する事ができるのです。

 

大人の視点・子供の視点を
分けて考えれば、

アンケートの内容に必要な項目は
「実態」よりも「クラスの雰囲気」
になりますので、

保護者との情報の共有こそが
先に行う対応なのだと私は考えます。

要望書に
「アンケートの内容を公開すること」
を盛り込んでも良いと思います。

記名式にしてアンケート調査をしては行けない

実際に学校で行われている
アンケート調査の方式は

「記名式」の方法が採用されています。

文科省が調査した統計だと
小・中学校で約70%弱、

高校だと約40%弱の割合で
「記名式」のアンケート調査を
行っている事が判明しています。

 

一般的に記名式のアンケート調査は
リスクが高いと言われています。

その理由として

  • 誰が書いたのかがバレてしまう
  • 先生が書いた内容をバラしてしまう

以上2つのポイントが
挙げられます。

 

実際に、虐待事件で教育委員会が
虐待をした父親のアンケートのコピーを

渡してしまったという事件も
起きていますので、

記名式にしていれば
「誰が」書いたのかが

容易に分かってしまう
危険性があります。

実際にアンケートをとるなら入れておきたい項目

実際にいじめが起きて
アンケート調査を行う場合には、

あまり知られていないかもしれませんが
保護者側から要望として

「希望する項目」を
組み込んで貰う事も出来ます。

子供に起きたいじめを
対応してみて感じる事は

「学校が思っている事」と
「保護者側が思っている事」の間に

大きな差があると言う事です。

 

いじめを誰がやったのかよりも、
なぜいじめが起きたのか

どんな事が起きたのかが
重要ですので、

アンケートの項目は学校に依頼して
組み込んで貰う様にしましょう。

 

以下にまとめているのは、
当事務所に相談に来て頂いた方に

答えたアンケート調査の
方法の一部になります。

アンケート調査に組み込みたい内容

  1. 実際に行われていた所を見た事があるのか
  2. そのいじめを見たときに先生に相談しようと思ったのか
  3. 相談しないと答えた場合に、なぜそう思ったのか
  4. 自分が「その行為」をされたら、いじめと感じるのか
  5. 他のクラスの子でも「いじめ」を知っている子はいるのか
  6. 今まで学校の対応で不信に感じた事があるのか

 

アンケートの提出方法について

  1. 学校でアンケートの書き込みをせずに、自宅で書く
  2. 後日、期日を設けて職員室に提出させる(郵送も可)
  3. もしくは、メールにて回答する様にする(もちろん無記名で、管理状況を徹底)

※秘匿性を高めて(被害者側に)、
公開できる内容を中心に

クラスで起きているいじめを
視覚化する。

※いじめをした子を特定するのではなく
いじめが起きていたのかどうかを
明確にする事に注力する

まとめ

今回の記事は
「アンケート調査」をテーマに、

絶対にやってはいけない
アンケート調査の内容について

まとめてきました。

 

多くの学校で行われている
アンケート調査は

「いじめの内容」を中心に
「誰が」やったのか明らかにするために

アンケート調査を行っています。

しかし、それだと
真実を知りたい被害者側が

情報公開を訴えても
個人が特定される内容は
公開されないので、

学校側は非公開にしてしまいます。

何の為にアンケート調査をやったのか
分からなくなってしまいます。

 

そして、アンケート調査を行う場合に

絶対やってはいけない事3つ
を紹介させて頂きました。

その3つとは、

  1. 学校にアンケートの内容を任せきりにしている事
  2. アンケート調査を行って、直ぐに対応する事
  3. 記名式にしてアンケート調査をしている事

の3つになります。

先ほど書いた様に
「学校にアンケートの内容」を任せると

誰がいじめたのかを中心に
アンケートを取られてしまうので、

内容を公開されないケースが
多くなります。

 

調査後に直ぐ対応してしまう事で、
呼ばれてしまった生徒が何を書いたのか

してしまったのかを推測できる状況に
なってしまうので

「第2の被害」が起きてしまいます。

 

記名式にしてしまうと
先生が内容をバラしてしまう事も
ありますので、

何の為に調査をしたのかが
分からなくなってしまいます。

 

よく「アンケート調査」は
意味が無いと言われていますが、

「意味が無いもの」にしているのは
我々、保護者が任せきりにしている事
原因になっている可能性もあります。

学校と話し合いをして
項目を決めるべきでしょう。

 

以上、今回は
「アンケート調査で絶対やっちゃいけない事」
について3つまとめてきました。

実際に我が子にいじめが起きて感じる事は
いつも「冷静」に何が問題になっているのか

常に考えるべきという事です。

「怒り」に任せてしまっては
「時間だけ」が過ぎてしまい、

「子どもの学校生活」は
戻らなくなってしまいます。

 

これからどう対応すれば良いのか
分からない事が多いと思いますが、

そんな時には我が子のいじめを
対応してきた経験が私にはあります。

遠慮無く相談にお越し下さい。

※要望書作成の際には記事下の
フォームからお越し下さい。

最後まで読んで頂き、
本当にありがとうございました。

要望書作成フォーム

実際に「我が子のいじめ」を対応し、
年間数百件の相談を受けながら

いじめ対策の要望書」を作成しています。

子供のいじめを1日でも
早く解決できる様に

あなたのお手伝いを
させて頂ければ幸いです。

>我が子のいじめ 学校への「いじめ対策要望書」の作成 受付中

我が子のいじめ 学校への「いじめ対策要望書」の作成 受付中

子どものいじめは「秘匿性」と「被害の度合い」が非常に高く、独りで抱え込んでしまうケースが多いです。この「ひまわり行政書士事務所」では24時間メールでの無料相談を受け付け、早急に学校に対応してもらう為に「いじめ対策要望書」の作成をしています。少しでもあなたのお役に立てる様に「実体験」を元に相談を受け付けています。

CTR IMG