子供がいじめられた時の適切な行動 デキる親がしてる5つの行動とは

今回は「ひまわり行政書士事務所」に
お越し頂き、ありがとうございます。

今回の記事の内容は
「我が子のいじめ」をキーワードに、

いじめられた時の適切な行動について
具体的な内容を挙げながら
まとめて行きたいと思います。

 

子供のいじめは
ささいな事で始まる事が多く、

私たち親が被害を知った時には
「既に深刻な状況」の場合もあります。

なので、どうやって対応したら良いのか
不安になる事多いと思います。

 

今回の記事は、

  • ウチの子がいじめられているかも知れない
  • ウチの子がいじめられていないか、チェック出来るものがあれば知りたい
  • 子供がいじめを受けた場合に、「親がすべき事」について知りたい
  • 学校との話し合いをするけど、どうやって進めて行けば良いのか知りたい
  • 相手側の生徒(保護者)との関わり合いについて知りたい
  • いじめの再発を防ぐ為に出来る事を知りたい

と言った悩みを持っている方々の為に

「我が子のいじめ」の被害を
最小限に抑える為の方法について
まとめてみました。

 

最近のいじめ問題は
「自殺」や「不登校」など
難しい問題が非常に多くて

適切な行動を学校側が取れなかったり
学校が適切な行動を取らなかったり、

様々な問題が併発して起きています。

そんな中で、
私たち家族が経験してきた事や
当事務所に相談を寄せた内容をベースに

明らかになった
「いじめられた時の適切な行動」が

記事を読んでくれている
あなたのお役に立てれば幸いです。

※当事務所では「無料相談」を行っていますので、お気軽にご相談下さい!

pickup

無料相談フォームはコチラ! この度は「ひまわり行政書士事務所」の 「いじめ無料相談ページ」へお越し頂き、 本当にありがとうございます。 当事務所の「無料相談ページ」は、 実際に「我が子のいじめ」を受けて 対応して[…]

子どもがいじめられた時の適切な行動とは何か

この段落では

「いじめられた時の適切な行動」

についてまとめていきたいと思います。

我が子がいじめられた時の
適切な行動とは何か??

 

結論は、

子供と何回も話し合い、学校と協力して
「子供のサポート」をして行く事

これが「いじめられた時の適切な行動」
になります。

そして、この適切な行動を取るためには

  1. 冷静になる事(慌てない・怒らない)
  2. 「聞き役」に徹する事(傾聴とも言います)
  3. 問題になっている事を明らかにする事

以上3つのポイントを抑えつつ
我が子のいじめに対応して
行かなければなりません。

 

小学校から中学生・高校生と
自分の問題を自分で解決するにも

まだ1人で対応するには
難しい事もあります。

誰しもが不安になる事もあるし、
相談に乗って欲しい事もあるでしょう。

どんな些細な事でも構いませんので
我が子が困っているのであれば

  1. 「冷静に」
  2. 「聞き役に徹して」
  3. 「問題点」

を明らかにして
解決策をアドバイスする事が
必要だと考えます。

 

コチラの記事で「親の対応・介入」について詳しくまとめています!

関連記事

今回は「ひまわり行政書士事務所」に お越し頂き、 本当にありがとうございます。   今回の記事の内容は 「親の介入」をキーワードに、 モンスターペアレントにならない為の介入の仕方 についてまとめて[…]

「子どもがいじめられた時の適切な行動」が必要である理由

先ほどの段落では
「いじめられた時の適切な行動」について

子供と何回も話し合い
学校と協力してサポートして行く事を
説明してきました。

この段落では、

子供と話し合いをし、学校と協力して
サポートする事の必要性について

まとめて行きます。

 

この「適切な行動」が
必要である理由は4つあり、

  1. 親が我が子のサポートの「最後の壁」である事
  2. いじめを明確にする為
  3. サポートするには学校の協力が必要だから
  4. 学校との話し合いを一方的な話し合いにしない為

いじめが発覚してから
「限られた時間(学生生活)」の中で

解決までの道のりを
最短で進む為に必要になります。

 

声には出せないけど、
子供は「今すぐ助けて欲しい」
と思っています。

心配掛けたくない
気付いて欲しい

いろんな気持ちがあるけど
「声に出せない」ので、

私たちがいち早く気付いてあげる為に
冒頭で説明した

「いじめられた時の適切な行動」
必要になります。

 

さらには「いじめ問題」を
明確にするためにも

「冷静さ」が必要になりますし、
親だけでは「いじめの対応」は
限界があります。

学校と協力しなければ
「限られた時間」での解決は
難しくなりますので、

何が1番問題になっているのか
学校と話し合う必要もあるでしょう。

適切な対応を行えば、学校から
「モンスターペアレント」として
敬遠される事もありません。

 

なので、
「いじめられた時の適切な行動」として
冒頭で説明した3つのポイント

  1. 冷静になる事(慌てない・怒らない)
  2. 「聞き役」に徹する事(傾聴とも言います)
  3. 問題になっている事を明らかにする事

この3つのポイントが
これからのいじめ解決に

最も必要なポイントだと
私は考えています。

「子どもがいじめられた時の適切な行動」 具体的な内容 5つ

前段では、
子どもがいじめられた時の
適切な行動として

「どんな事ができるのか」
「その適切な行動がなぜ必要なのか」

以上についてまとめてきました。

 

「最近のいじめ」と良く言われますが
「いじめ自体」にはそんなに変化は無く

「子ども」と「親」「学校」の
取り巻く環境が変化した為に

問題が複雑化してきていると言えます。

一昔前までなら「学校」が主体になって
問題解決に向かう事が出来たのですが、

今では「学校」だけでは対応出来ません。

私たち保護者も
ある程度のサポートをする事で

子どもの安全を守る事ができた事例は
数多くありますので、

ここに挙げた具体例を参考に
対応して頂ければ幸いです。

我が子の様子をチェックする

我が子の様子がいつもと違ったら、
何かしらの問題で
悩んでいる場合がほとんどです。

しかも「学校に行きたくない」と
言った場合には、

ほとんどの確率でクラスで
問題が起きています。

 

冒頭でも説明したように、
子どもは自分から

「いじめられている事」を
言わないので、

私たちから「子どもの様子」を
チェックしなければなりません。

具体的なポイントを文部科学省で
まとめて公表していますので、
必ずチェックすべきでしょう。

※文部科学省が公表している「チェックシート」はコチラ!

【保存版】いじめのサイン 発見シート

 

このチェックシートには
ポイントがいっぱい書かれていますが、

「スマホの着信音に敏感」
「スマホを異常に気にし始めた場合」

これらに当てはまる場合には
ほぼ「いじめが起きている」と
思って良いと思います。

 

また、気を付けるべき内容として

制服の汚れが目立つ事
持ち物に傷が目立つ事

これらの事にも注意が必要です。

ウチの子もいじめを受けてたのですが
発覚したキッカケの1つに

「持ち物の傷」が
目立っていた事があったので、

我が子の持ち物に傷が見えたら
早急に学校や第3者機関に
相談する事をオススメします。

 

コチラの記事で「子供への対応」について詳しくまとめています!

関連記事

今回は「ひまわり行政書士事務所」に お越し頂き、 本当にありがとうございます。 今回の記事の内容は 「学校」をキーワードに、 子どもが学校に行きたくないと 相談してきた時の対処法 についてまとめて行きたいと思い[…]

子どもに起こったいじめを明確にリストアップ

我が子から「いじめられた事」を
聞き出せた時や察知した後、

もしくはチェックシートを元に
「いじめられてるかも」と思ったら
次にするべき行動は、

「被害をリストアップする事」

になります。

昔からいじめの内容として多いのは
「悪口や陰口・仲間外れ」で、

目に見えない分、
発見が遅れる場合もあります。

特にSNSがコミュニケーションの
主流になっている今では、

いじめにSNSを使われてしまうと
発覚まで非常に時間が掛かる為、

スクリーンショットなどで
保管する事も自衛手段として
必要になります。

その他、直接言われた悪口や陰口なども
併せてメモに残しておく事も

「被害を受けた時の適切な行動」に
なりますので取っておくと便利です。

 

また、実際に受けた事実として
暴力が関係しているいじめでは、

「傷口」
「壊された物」
「診断書」

など、「いじめがあった事」を
説明する時に役立ちます。

制服の汚れやバックの傷、
またはノートや教科書の傷なども

「いじめがあった事」を
説明する時に役立ちます。

学校だけでなく、第3者機関(NPO法人や各都道府県で行っている相談機関など)に相談する

我が子がいじめられた場合の
適切な行動について、

学校だけに相談するのではなく
「第3者機関」にも相談する事
オススメします。

代表的なのが弁護士ですが
弁護士であれば、

「裁判」を前提とした対応から
被害に遭われた方の代理まで
こなしますので、

いじめ問題の様々な場面で
対応をしてくれます。

被害者側の代理をしてくれるので、

  • 学校との対応
  • 加害生徒側(主に保護者間の対応)

など、裁判をする意思がある場合や
学校がいじめに荷担している状況、

いじめで「取り返しが付かない状況」に
なっている場合などは

弁護士を間に挟んで対応して貰った方が
スムーズに進む場合もあります。

 

ただ、相手側と争うのではなく、

「子どもの学校生活のサポート」
「心のサポート」

これらを重点的に考えている場合には、
弁護士による対応よりも

「いじめ被害」をサポートする為の
機関の方が良い場合もあります。

例えば、

  1. 子どものSOS相談窓口』(文部科学省)
  2. 子どもの人権110番』(法務局)
  3. インターネット人権相談』(法務局)

この3つが「いじめ相談」を行っている
第3者機関で大きい所になりますので、

一度相談してみると良いでしょう。

学校に要望書を提出する

学校や他の機関での
話し合い・相談にしても

「子どもの為にサポート」を
お願いするのであれば、

キチンと「書面」に残しておく事が必要
になります。

 

特に学校に対しては
「いじめ対策の要望書」という形で

書面にて提出する事を
オススメしています。

なぜ、ワザワザ書面にしてまで
対応しなければならないかというと、

  • 総務省の行政評価局の実態調査で、学校は独自の判断でいじめの定義化をしている
  • いじめの対応の研修をしている学校としていない学校がある
  • 実際にはいじめの調査をすると言ってしなかった学校がある
  • 事実調査の書面を保管していない学校がある

以上の事実が調査で発覚したからです。

※今回参考にさせて頂いた総務省の行政評価局の資料はコチラ!

いじめ防止対策の推進に関する調査 結果報告書』(全259ページ)

 

本来であれば私たち親は
学校を信頼して子どもを
学校に預けています。

そして先生は、
一生懸命子どもの事を思って
対応してくれているハズでした。

しかし、実際には
我が子が被害を受けても

適切な行動をしていない事が
判明してしまいました。

学校の「いじめに対する認識」が
分かってしまった以上、

口頭だけの話し合いは
危険でもあります。

 

さらに別の視点から考えると
「書面」にしてしまえば、

紙1枚で他の先生に
周知させる事が可能になります。

話し合いに参加して欲しい先生が
いない場合など、

何回も同じ話し合いをしない様に
要点を「要望書」にまとめておけば、

話し合いのストレスから
解放されるでしょう。

 

※いじめ対策の要望書の必要性など、詳しくまとめた記事をご紹介致しますので1度読んでみてください。

pickup

今回は「ひまわり行政書士事務所」に お越し頂き、ありがとうございます。 今回の記事の内容は 「学校が対応しない」をキーワードに 「学校に提出する要望書の書き方」 について詳しくまとめた内容です。 要望書の書き方を[…]

学校の対応に期日を設ける

我が子がいじめられた時の
適切な行動に直接は結びつきませんが

今まで挙げた適切な行動について
「期日」を設ける事は
非常に重要になります。

何故なら、
期日を設けないと学校は動かないから
です。

 

先ほど具体例に挙げた
「総務省の行政評価局」の資料でも

  • いじめの調査結果の資料の保管していない
  • 対応すると言って、実は対応していなかった
  • 学校はいじめに対する適切な行動をしない

一部の学校で以上の事実が
明らかになっていますので、

相談から実際に対応を受けるまでは
「期日」を決めて対応を依頼する様に
するべきです。

キチンと「期日」を設定して
対応をして貰う事で、

我が子の限られた学校生活を
取り戻す事にも繋がります。

 

以上ここまで、

「いじめられた時の適切な行動」

についてまとめてきました。

私たち保護者が思っている以上に
学校の「いじめ」に対する認識には
「ズレ」があり、

それが元で対応がスムーズに行かず
話がこじれてしまうケースが
非常に多いです。

我が子がいじめられた場合には
適切な行動として、

上記の5つのポイントを抑えた対応
話し合いをするべきだと

「いじめ」を通して学びました。

 

次の段落では

「学校が対応しない時」
「相手側への対応」

について、

適切な行動にはどんなものがあるのかを
まとめて行きたいと思います。

学校がいじめ問題を対応しない場合には、どんな行動に出るべきか!?

もし万が一、
ここまでの対応をしても

学校が行動しなかった場合は
どうすれば良いのか!?

実際にニュースで
報道されている実例などでは、

「学校が対応しなかった事」で
自殺に追い込まれてしまったケース

遺族の方から
訴訟を受けてしまケースなど

様々な問題が起きています。

この問題を防ぐ為に、
もし学校が対応しなかった場合には

  1. 各都道府県や市町村の教育委員会にも「要望書」を提出する事
  2. 私立の学校に至っては、管理元の学校法人や都道府県知事にも「要望書」を提出する事
  3. 学校の管理責任について弁護士と相談する事
  4. 転校する事

以上、4つの対応が適切な行動に
なり得ると言えるでしょう。

 

公立の学校であれば各学校の管理は
都道府県や市町村の教育委員会になり、

私立の場合は学校法人や都道府県知事が
管理する事になります。

それぞれの管理元に直接
「学校が対応しなかった事」についての

「経緯書や要望書」を提出する事で
トップダウンの指導をしてもらえる
可能性があります。

 

さらに「学校が対応しなかった事」が
深刻な問題へと発展した原因なら

学校の管理責任を
弁護士に相談する必要も出てきます。

時間は掛かりますが
「我が子の苦しみ」を相談して

改善や謝罪を求める事も
適切な行動と言えるでしょう。

 

また、いじめの被害を相談したのに
対応しないのであれば

「その学校」を離れて
「新しい環境」に向かう事も必要です。

転校も視野に入れた対応を
家族で話し合うべきでしょう。

相手側の保護者への対応 どうすれば適切なのか??

ここまでの内容は
「被害を受けた側」と
「学校」との関係で進めてきましたが

「相手側」への対応について
どうしていけば良いのか
分からない方もいるでしょう。

ほとんどのケースで「相手側」が素直に
事実を認める事はありませんので、

「相手側」への対応に執着してしまうと
時間のロスになります。

 

例えどんな理由があって
「いじめた」としても、

いじめは「いじめ」です。

やってはいけない事をしてるので
時には毅然とした対応をすべきですが、

「これからの環境」を整えるか
「相手への制裁」をするべきか

この選択が、子どもの「これから」に
影響するので非常に難しいでしょう。

 

時には暴言を言ったり
「ある事ない事」言ってくる事も
ありますので、

先ほどまとめた様に、
「いじめの事実」を証明できるものを
用意しておく事が大切です。

実体験を踏まえて言うと
「相手側」は何をしてくるのか
分からない時もありますから、

直接相手側と話し合いをする事は
避けるべきであり、

必ず学校を挟んだ対応をするべきです。

決して感情的にならず、
問題解決の為に話し合いをする事を
念頭に行動して行きましょう。

まとめ ウチの子がいじめられた時の適切な行動 その極意とは!?

今回は「我が子のいじめ」
キーワードに、

子どもがいじめられた時の
適切な行動について
まとめてきました。

「いじめられた時の適切な行動」で
1番重要な事は

子どもと何回も話し合って
学校と協力してサポートして行く事

これが重になります。

そして、上記の内容を実行して行く為に
重要なポイントは以下の3つ、

  1. 冷静になる事(慌てない・怒らない)
  2. 「聞き役」に徹する事(傾聴とも言います)
  3. 問題になっている事を明らかにする事

以上3つのポイントを抑えつつ
我が子のいじめに対応して
行かなければなりません。

 

いじめられた時、親は子どもにとって
「最後の壁」になります。

この壁を越えてしまったら
遮るものは何もありませんので、

子どもは無防備になってしまいます。

我が子にどう言った
サポートが必要なのか、

問題を明らかにしつつ
学校と話し合いをする必要があります。

「怒り」を抑えて
適切な行動を心がけるべきです。

 

そして、
「いじめられた時の適切な対応」の
具体的な対応を5つ、

  1. 我が子の様子をチェックする
  2. 我が子のいじめをリストアップ
  3. 学校だけに相談せず、第3者機関(NPO機関や都道府県が管理する機関など)
  4. 要望書にまとめて学校に提出する
  5. 期日を設けて対応する事

まとめています。

特に、1人で抱え込まないように
「相談」する事と、

いじめの内容を要望書にまとめて
学校に提出する事は

これからのいじめを対応する上で
必要になります。

目に見えないいじめだからこそ
解決までに非常に時間が掛かるもの。

子どもの学校生活を守るために、
適切な行動を実践してみてください。

 

今回の記事では

「学校が対応しなかった場合」
「相手側への対応について」

これらについても
まとめさせて頂きました。

総務省の行政評価局の調査では
学校の「いじめ対策」など

キチンと機能していない事が
明らかになりましたので、

  1. 教育委員会を始めとする管理元への相談
  2. 各都道府県や市町村の機関への相談
  3. 専門家への相談

が必要になります。

特に相手側との対応は
事実関係を争う場合もありますので

弁護士を通して対応する事も
想定するべきでしょう。

 

最後に、子どもがいじめられた時の
適切な行動についてまとめてきましたが

場合によっては話し合いが
こじれてしまう場合もあるでしょう。

そんな時には「冷静」に、
何が問題になっているのかを
常に考えるべきです。

「怒り」に任せてしまっては
「時間だけ」が過ぎてしまい、

「子どもの学校生活」は
戻らなくなってしまいます。

これからどう対応すれば良いのか
分からない事が多いと思いますが、

そんな時には我が子のいじめを
対応してきた経験が私にはあります。

遠慮無く相談にお越し下さい。

※要望書作成の際には記事下の
フォームからお越し下さい。

 

今回も最後まで読んで頂き、
本当にありがとうございました。

要望書作成フォーム

実際に「我が子のいじめ」を対応し、
年間数百件の相談を受けながら

いじめ対策の要望書」を作成しています。

子供のいじめを1日でも
早く解決できる様に

あなたのお手伝いを
させて頂ければ幸いです。

>我が子のいじめ 学校への「いじめ対策要望書」の作成 受付中

我が子のいじめ 学校への「いじめ対策要望書」の作成 受付中

子どものいじめは「秘匿性」と「被害の度合い」が非常に高く、独りで抱え込んでしまうケースが多いです。この「ひまわり行政書士事務所」では24時間メールでの無料相談を受け付け、早急に学校に対応してもらう為に「いじめ対策要望書」の作成をしています。少しでもあなたのお役に立てる様に「実体験」を元に相談を受け付けています。

CTR IMG