学校に行きたくない!子供が口にしたら真っ先にすべき事

今回は「ひまわり行政書士事務所」に
お越し頂き、

本当にありがとうございます。

今回の記事の内容は
「学校」をキーワードに、

子どもが学校に行きたくないと
相談してきた時の対処法

についてまとめて行きたいと思います。

 

我が子が「学校に生きたくない」と
言ってきた時、

もしくは朝元気がいつもより無い時など

「いじめ」を疑って
不安になる時があると思います。

 

本人が何も言わないから
どう対応すれば良いのか分からず、

相談するにも誰かに気軽に
相談できる内容でもないので、

1人で抱え込む事が多いでしょう。

 

そこで、実際に我が子のいじめや

いじめの被害を経験してきた方々の
ケースを通して

「我が子が学校に行きたくない」

と行った時の対処法について
簡単にまとめています。

 

さらには「転校する事」を
考えている方に向けて、

転校で良かったのかを
(収まった、少なくなったのか)

併せてまとめて行きますので、
最後まで読んで頂ければ嬉しいです。

 

※当事務所では「無料相談」を行っていますので、お気軽にご相談下さい!

pickup

無料相談フォームはコチラ! この度は「ひまわり行政書士事務所」の 「いじめ無料相談ページ」へお越し頂き、 本当にありがとうございます。 当事務所の「無料相談ページ」は、 実際に「我が子のいじめ」を受けて 対応して[…]

 

学校に行きたくない! 子供が口にしたそんな時は...

この段落では、子どもが
「学校に行きたくない」と言った時に

絶対してはいけないこと事について
まとめて行きます。

結論から書くと、以下の3つの事

  1. 学校に無理をしても行かせる事
  2. 学校に行けない我が子を否定する事
  3. 学校に行きたくない理由を無理に聞き出す事

この3つを絶対にしないでください。

 

我が子が「行きたくない」と
言った後の対応を間違えてしまうと、

子供の本音が聞けないだけでなく
学校を出てから社会人になってからも

「心」に傷を負って
生きて行かなければならなくなります。

親として我が子に言わなきゃいけない事や
子供の将来の為を思って言っている事
様々あるとは思いますが、

対応は慎重にしないと
取り返しの付かない事に
なりかねません。

 

いじめだけに関わらず
思春期の難しい年代の問題にも
関係している事なので、

親子の関係を良くするためにも
対応は慎重に行ってください。

行きたくないのに無理して学校に行った子はどうなったのか??

もし、学校に行きたくないのに
無理して行かせた場合、

我が子はどうなってしまうのか??

周りに相談できる人がいない場合は、
自分が学生の頃と比較して

無理にでも学校に行かせる選択を
してしまう事もあるかもしれません。

無理をしてでも学校に行く様に
言ってしまった場合には、

「無理をして学校に行った3つのケース」

を見ていただいてからもう1度、
子どもと話し合いをしてみましょう。

ケース1,本当の事を言えずに耐えきれなかったケース

中学校2年生の女の子が修学旅行後から
不登校になってしまったケース。

ある日、いじめっ子グループから
目を付けられて

日を追うごとにいじめが
エスカレートして行き

不登校になってしまいます。

最初は苦手な授業が原因で
学校に行きたくないと相談しますが、

その後いじめが原因で
学校に行きたくない事を親に打ち明け、

理解を得てその後は
中学校を無事卒業します。

 

問題は高校の時の出来事です。

進学した高校で
また「いじめ」を受けてしまい、

先生に相談するも相談した事を
クラスのみんなにバラされて
いじめが悪化してしまいます。

先生に相談しても理解をしてもらえず
逆に学校から抜け出した事を
責められる事もあったそうで、

その後はフラッシュバックと戦いながら
生活しているとの事でした。

 

※今回参考にさせて頂いた内容はコチラの記事です!

小幡和輝オフィシャルブログ | 不登校から高校生社長へ

「子どもが急に不登校になってしまった…どうしてだろう?」 急にお子さんが学校に行かなくなってしまって、悩んでいる親御さん…

ケース2、何十年もいじめの後遺症で悩んでいるケース

不登校になったのは中学3年生の時。

原因は「いじめ」に限らず
様々な問題・不安が合わさり
不登校になって、

その後も摂食障害と戦いながら
今も過ごしているとの事。

家族に相談してもろくに
対応もしてくれず

無理をしてでも学校に通う様に
促していた様で、

不登校ではあったものの
通信制の高校に通っていた様です。

 

この相談者は30代と言う事なので、
少なくとも15年以上の期間を

いじめなどの後遺症と
闘っている事になります。

理解してくれる大人がいなかったせいで、

「1年間」の為に「15年以上」の期間で
代償を払い続けなければならない状況

になったとも言えるでしょう。

 

※今回参考にさせて頂いた内容はコチラの記事です!

NHKハートネット 福祉情報総合サイト

あなたは学校に行けなくなったことがありますか?いま、日本では、「病気」や「経済的な理由」以外で、年間30日以上学校を休む…

ケース3、親の期待に押しつぶされてしまったケース

このケースも前回同様、
中学生で不登校になったケースです。

いじめなどの原因ではなく
友達関係の不安や大人達の期待に
応えようと無理をして、

結果的に不登校になったそうです。

この体験談に書かれているコメントを
是非とも読んで頂きたいと思います。

20代になった今、楽しい青春時代を過ごせなかったことが悔しいです。
でも、あの時自分を守るにはこの選択しかなかったと思います。

親御さんには本人が今何を思っているのか、辛さや素直な思いを言える環境を作ってほしいです。
あるいは考える時間をあげてください。
そして聞くからには何を言われても幻滅しないでほしいです。
親に拒絶されることほど苦しいことはありません。
大人が幻滅したり焦ったりしている様子は、口に出さなくてもすごく伝わります。
本人も既にできない自分を責めています。
どうか、親まで子供を責めないであげてください。

引用元:ハートネット 不登校経験者の「声」(2016年1・4月”チエノバ” )より

 

※今回参考にさせて頂いた内容はコチラの記事です!

NHKハートネット 福祉情報総合サイト

あなたは学校に行けなくなったことがありますか?いま、日本では、「病気」や「経済的な理由」以外で、年間30日以上学校を休む…

学校を休む・転校した子はその後どうなっているのか??

先ほどまでは行きたくないのに
無理をして学校に通ってしまった為に、

その後の人生や生活を
後悔してしまったケースについて
紹介させて頂きました。

 

では、この段落ではその逆に、

敢えて不登校になった・転校した子の
その後についてまとめて行きたいと思います。

ケース1,不登校を経験したから独自の道を見つける事ができたケース

今回紹介するケースは
小学校で不登校になり、

1度は復学できたけれど
再度不登校になった

15歳の少年のお話です。

 

小学校の時に
不登校になった理由として

  • 同じ時間に同じ給食を食べること
  • どんなに頭が悪くても良くても同じ勉強をすること
  • 同じ所に集まること

学校で生活する事が
「大人に飼われている」と感じて
気持ち悪くなったからだそうです。

 

本来なら小学生から中学生の年齢は
勉強に友達に部活に恋愛にと

様々なイベントがあって楽しかったと
感じる方も多いと思いますが、

今回紹介するケースの少年は
「大人に飼われている」と感じています。

約2年間の不登校生活を送るのですが、

そんな中でも両親の理解を得られた事が
1番の救いだったのではないかと

私はこのケースを見て感じました。

 

普通の子と比べると
「考え方」や「経験」が違うこの少年も

今では企業のプロモーションを手掛ける
動画編集者として活躍中だそうです。

どんなに他の子とは違くても、
自分が夢中になれる道があるんだと
感じさせてくれる内容です。

※今回参考にさせて頂いた内容はコチラの記事です!

誰もが一度は「学校に行きたくない」と考えたことがあるはず。最近では夏休み明けの9月1日が“不登校の日”と呼ばれたり、今も…

ケース2、不登校になったからこそ感じる事があったケース

小学校高学年辺りから
「友人関係」の難しさで
悩む子が多くなっていきます。

私の子も同じ様に
不登校になっていましたから、

この辛さは痛い程よく分かります。

聞きたくもないし言いたくもないのに、
他の子に合せないとダメな雰囲気から

思い悩んで不登校になってしまいます。

大人から見れば
「ありきたりな事」かも知れませんが

感受性の高い子はこの他人に合せる事が
苦痛に感じてしまうんです。

 

今回紹介するケースは、
友達関係の悩みで苦しんでいたのですが

不登校の経験を経て「自分の場所」を
見つける事ができたそうです。

もし学校に自分の居場所がないと感じて
悩んでいるのであれば、

「外」に居場所を探してみるのも
方法の1つだと言えるでしょう。

※今回参考にさせて頂いた内容はコチラの記事です!

ケース3、いじめが原因で転校して元気になれたケース

ここで紹介する内容は実際に当事務所に
相談に来て頂いた方のお話になります。

小学校の時のいじめが原因で
不登校気味になり学校との折り合いも悪く

相手側の対応を学校に依頼しても
対応すらできていない事が
数ヶ月続いた時がありました。

何回か私と依頼者の方とで
話し合いをさせて頂き、

あまりにも対応が遅れてしまう場合には
転校も視野に入れて

子どもの学習する機会を確保するべき
アドバイスをさせて頂きました。

 

いじめを原因で転校を考えている場合、
1番不安に感じることは

「転校先でもいじめに遭わないか」
という事です。

転校先でもいじめに遭ってしまうと
逃げられないから、

決断するまで時間が掛かるケースも
少なくありません。

今回紹介するケースでは
今現在の学校の対応・態度などを
総合評価して転校する事を決意し、

今では学校に行く事が楽しいと
感じていると連絡を頂きました。

 

以上、不登校になったケースを
(転校して良かったケース)
紹介してきました。

1つの学校に通わなければならない
学校に通わなければならないのではなく

その場所に「価値」を見出す事が
出来なければ時間の無駄になるので

学校に通う意味を深く考える時間が必要
だと思います。

併せて、勇気を持って
発言してくれた子を責めるのではなく
受け入れてあげてください。

まとめ 我が子が学校に行きたくないと相談してきたら...

今回の記事の内容は
「学校」をキーワードに、

我が子が学校に行きたくないと
相談してきた時の対処法

についてまとめて行きました。

 

もし、現段階で「学校に行きたくない」と
子どもから相談を受けた場合には、

無理に学校に通わせる事は避けてください。

必ず学校に行きたくない理由があるので
普段の子どもの様子などを

注意深く見てあげて下さい。

 

私の子も実際にいじめを受けて
不登校になった経験がありますが、

一目見ただけでも
「様子」が違うのがわかります。

子どもの様子がいつもと違うと
なった場合には、

早急に学校に相談するなり
外部機関に相談をして下さいね。

 

これからどう対応すれば良いのか
分からない事が多いと思いますが、

そんな時には我が子のいじめを
対応してきた経験が私にはあります。

遠慮無く相談にお越し下さい。

※要望書作成の際には記事下の
フォームからお越し下さい。

本日も最後まで読んで頂き
本当にありがとうございました。

要望書作成フォーム

実際に「我が子のいじめ」を対応し、
年間数百件の相談を受けながら

いじめ対策の要望書」を作成しています。

子供のいじめを1日でも
早く解決できる様に

あなたのお手伝いを
させて頂ければ幸いです。

>我が子のいじめ 学校への「いじめ対策要望書」の作成 受付中

我が子のいじめ 学校への「いじめ対策要望書」の作成 受付中

子どものいじめは「秘匿性」と「被害の度合い」が非常に高く、独りで抱え込んでしまうケースが多いです。この「ひまわり行政書士事務所」では24時間メールでの無料相談を受け付け、早急に学校に対応してもらう為に「いじめ対策要望書」の作成をしています。少しでもあなたのお役に立てる様に「実体験」を元に相談を受け付けています。

CTR IMG