行政書士が依頼を受けられない場合

行政書士が依頼を受けられないケース

この度は「いじめ対策の要望書」の
作成・原案アドバイスの依頼ページへお越し頂き

本当にありがとうございます。

 

依頼される前に、
「行政書士が依頼を受けられないケース」
についてご説明させて頂きます。

それは以下のケースになります。

  1. いじめを受けて裁判を起こす前提でいる、若しくは既に弁護士に対応して貰っている場合
  2. 既に裁判になっている案件
  3. 相手側(いじめ加害生徒側)との交渉代理、訴訟代理をお願いしたい
  4. 交渉において解決しなければならない法的紛議が発生することがほぼ不可避である事件

行政書士は裁判に関する案件を
取り扱うことが出来ませんので、

始めから訴訟を前提とする案件については
(裁判じゃないと解決できない内容など)

弁護士に依頼する様にお願い致します。

 

最後に、「依頼のメール」が送信された時に
これらの内容について

「了承した」とさせて頂きますので、
何卒宜しくお願い致します。

>我が子のいじめ 学校への「いじめ対策要望書」の作成 受付中

我が子のいじめ 学校への「いじめ対策要望書」の作成 受付中

子どものいじめは「秘匿性」と「被害の度合い」が非常に高く、独りで抱え込んでしまうケースが多いです。この「ひまわり行政書士事務所」では24時間メールでの無料相談を受け付け、早急に学校に対応してもらう為に「いじめ対策要望書」の作成をしています。少しでもあなたのお役に立てる様に「実体験」を元に相談を受け付けています。

CTR IMG